冬の乗馬ファッション

三木基司

冬の乗馬ファッションのポイントは手足の指先のかじかみをどう防ぐかです。
なので足には貼るカイロ、手には普通のカイロを持つようにしています。

溝口豊

冬の乗馬ファッションは、ネックウォーマーです。
何種類かあり、
1 リバーシブルの物 黒とチェック
2 柄もの
3 乗馬協会のロゴの入ったもの
気分や寒さによって、かえています。
尚マフラーは、落とす可能性があり危険なので、明石乗馬協会では禁止となっています。

本宮範子

おすすめはやはり冬専用のキュロットです。
春秋物と比べると、特に裏起毛のキュロットは全然保温力がちがうので、冬用をお持ちでない方は是非1枚持っておかれるといいと思います。
2月は寒いので!!

岩島清志

明石は、今までの乗馬人生で一番暖かい場所なので、馬に乗るならベストとスタッフブルゾンだけで十分でした。
一番気を使うのはインナーに何を着るかです。馬に乗ると汗をかくので汗冷えをしないように心がけていました。
ネックウォーマーやマフラーの類は首が圧迫される感じがするのと、運動するとすぐに暑くなるので熱を逃がしやすくするためにもつけません。耳も音が聞こえにくくなるので何もつけません。
手袋は乗馬用の鹿革の手袋を付けていました。足は普通の靴下1枚で十分です。
靴は濡れると嫌なので、ビーンブーツを履いていました。馬の手入れや作業にも良いですよ。
寒い所でも写真のような感じでした。ただしマイナスの中でのナイターレッスンでは防寒用の乗馬ブーツを履いていました。地面が凍る音がしますよ。(笑)

菊澤大助

ロングチャップスって解る人少ないですよね。
ロデオカウボーイが足に巻いてる革のオーバーズボンのことです。
皆さんが使っているレグチャップスも元々はウェスタンから来ているのですが、ウェスタンではレグチャップスはむしろ希で腰から下を革で守っています。
これが冬には最高に暖かく、アメリカで働いていた時には本当に重宝していました。
少々の雪ならそれでOK。だって、レインコートのズボンをはいて馬に乗ると滑って危険(牛を追うほどの激しい動きには大変危険です)じゃないですか!
一度ゴアテックス(当時は最新素材のアウトドアウェア素材)の防寒着を着て牛を追いかけ本当に怖い思いをしました。
このロングチャップスもモンタナのような極寒の地(マイナス15度が珍しくない)になると、毛皮のままのヤツがあり、これまたあたたかいんですわ!
笑ってしまうのは、日本から来た私のような人間はすぐにロシア人のような毛皮の帽子をかぶりだすのに、カウボーイ連中は頑としてハットをかぶり続ける事でしたね。
めちゃくちゃ耳が寒そうなのに、ハットを止めるよりはいいらしいです。しらんけど。

三木翔一朗

私は着用したことがないのですが「冬用キュロット」です。
使用した方からは全然違う!!暖かい!!との声をよく聞きますので、機会があれば試してみたいと思っています。
やはり運動なので体が寒さでガチガチになってしまうとケガの原因にもなりますし、パフォーマンスの低下にも繋がるので大事です!!

小出謙介

40代になるまではすぐ汗をかくので、真冬でもタイツを履いたり、カイロを貼ったりしたことはなかったのですが、2年ほど前からどーにも寒くてたまらず、とうとうタイツ&カイロに手を出し始めました(笑)
それ以来すっかり手放せなくなってしまいました。今度はヒーターベストの購入を検討中です。

中尾 麻美

寒いからと言ってたくさん重ね着をすると肩がこるし馬の手入れの際に腕まくりがしにくいので、登山用の厚めのアンダーウェア+ベストにアウターを基本にしています。濃い色の服を着ることが多くファッション的なこだわりもないので、全身黒づくめなこともよくあります。
休みの日くらいカッコイイ・おしゃれな乗馬ウェアを着たいなーと思うのですが、結局寒さ対策が最優先になりますね。

清水綾菜

今年の冬は①腰巻きスカート②五本指ソックスに助けられています。
腰巻きスカートは膝丈、8分丈、超厚手の3種類を使い分けており、乗るとき、手入れのとき、休みの日に運動するとき等々で使い分けてます。
五本指ソックスは指だけのとハイソックスとあり、乗馬靴下の下に履いてます。3枚くらい履いてやっとしもやけが軽度で済むので必須です。
履きすぎると普通の長靴とブーツが入らないので、冬用のワンサイズ上も用意しています。笑

長谷川千紘

冬の乗馬ファッションは、とにかく着込む!!!見た目は気にしていません。なのでファッションではありません。ただただ防寒している人です。笑
ヒートテックを2枚着て、長袖シャツを着て、パーカーを着て、トレーナーを着て、上着を着る。腰に風邪避け(?)のスカートみたいなやつを巻いて完成です!!!
洗蹄場を歩いていると暖かそうだねぇとよく声をかけて頂くのですがそれでも寒すぎて毎日震えております、、、

宮内隆佑

冬の乗馬ファッションは
ネックウォーマーは必須です。毎年、5月頃まで着用しています。
後は、厚手の服は騎乗中に動きづらいので防寒はヒートテックに任せて、薄手の服を重ね着しています。
騎乗していて暑くなってきた時もすぐ脱げるので便利です。
騎乗中だけでなくレッスン中でも動きやすい服装でいたいので冬場は薄い服を重ね着しています。寒いです。

内藤久美子

暑がりでいて、なお寒がりでもあり、冬場は着たり脱いだりと、よく服装が変わります。
汗かきなので、どれだけ寒い環境下でも裏起毛のキュロットは履けないし、手袋も通年の物を使うので、コレという物がありません(笑)

大里あかり

とにかく防寒!
キュロットの上に裏起毛のズボンをはき、上はインナー、制服、ジャケットの重ね着です。
あと、ネックウォーマーも忘れずに。
今年はもうすでに長袖5枚の更新が出ているので6枚更新したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 新春乗馬キャンペーン

    寒い冬こそ馬に乗って暖かくなろう! 馬は暑さに比べて寒さに強い動物なんです…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る