2019年4月9日更新 仁湖琉

担当が三木翔一朗になりました。
人気者の女の子なので今後も活躍してくれるように頑張ります。
今年で5歳と若いのですが、レッスンではしっかりと応えてくれるいい子ちゃんです。
少し脚の反応が鈍いことがありますが、「脚の圧迫=前に動く」という約束事をまだまだ理解できていない部分があるので脚の反応が鈍い時は強めの合図を出してあげて馬に理解をさせて下さい。
乗り手が蹴る動作や拍車、鞭を使うことがありますが、動かないことを怒るのではなく「脚の合図=?」の約束事を教えるために使ってあげて下さい。
仁湖琉も牝馬で気難しい部分もあるので力だけで乗ったり、強く腹帯を締めたりブラッシングをすることには怒ります。
どの馬も同じように力だけに頼ると嫌がりますが、我慢強い子なのか自己主張をしっかりとする子なのかの違いなので常に馬の様子を観察してあげながら乗ったり触ったりしてあげて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る