お気に入りの馬具

三木基司

お気に入りの馬具はズバリCWDの障害鞍です。
明石乗馬では、今あまり取り扱っていませんがまた復活を期待しています。
特に2GSにすごい憧れがあり欲しいのですが…値段が高く、指をくわえて眺めています。

千古七瀬

現在気に入って使っているのは「鐙」です。Equickというメーカーのもので障害飛越用の鐙です。
自分の今の練習課題にはすごい合っていて、踏みやすいです。
障害飛越用のものですが、踏む面がすごく広くて踏みやすいので、障害飛越に関わらず「踏みやすい!」と思える方が多いのではないかと思います。ご購入を検討される方は遠慮なく千古まで(^^)
昔から比べると鐙もそうですが、馬具の進化はすごいです。馬と人が快適になるよう、新しい馬具にはいつも興味を持って取り入れるようにしています。

溝口豊

お気に入りの馬具、ネックストレッチ、馬の口にやさしくジャストフィットするので調馬索の時に使っています。
馬のハミの感触が良くなるので、時々使っています。

本宮範子

前からですが、VEREDUSのチャップスがお気に入りです。
1番乗りやすいのは長靴ですが、長靴ばかり使うとすぐに痛んでしまうので、最近は長靴を大事に置いてあります。
VEREDUSのチャップスはフィット感が良くてすごく乗りやすいのですが、もう生産していないとのことでとても残念です。
で、次買うなら小出さんが使っているラヴァルシェがいいなと思っています。他のスタッフが使っていて良さそうだなと思ったら、感想を聞くととても参考になります。
以前はすぐに痛むからと価格で決めることが多かったですが、色々つかってみた結果、安いものは長持ちしない!
値段より質の方が大事だなと思うようになりました。

岩島清志

おすすめの馬具は、足元に使う道具ですね。
乗馬は基本下半身を多く使うスポーツなので、キュロットであったりチャップスやブーツなどが、馬と人とが繋がる部分なので、ここは本当に気に入ったものを使うかで変わります。
また、ブーツが良くても鐙が自分に合ったものでなくては半減してしまいます。
鐙を通して力を伝える必要があるので、ここも大事にしていました。
自分に合ったものを選ぶだけで、全然乗り方が変わってきますよ。

菊澤大助

フルグリップのキュロットはとても乗りやすく気に入っています。
見た目が障害を飛びそうに見えたのでしょうか?最初にフレックスニーグリップを進められて長い間それで乗っていました。
ずいぶんたってからフルグリップを購入してびっくり。
良いですよ!

三木翔一朗

鐙はけっこう気にして選んでいます。
私はHSの「bow balance」という鐙を使っています。
つま先が真っ直ぐ入りやすいように設計。
そして鐙のジョイント部分が稼動するようになっており、下半身のクッション性をサポートしてくれる作りなっています。
馬は4肢で動くのでよく揺れます。その上で乗り手がぶれないようにするためには下半身の安定感が重要です。
地面のように安定している場所でなく、馬の上の鞍にぶら下がっている鐙の上で踏ん張らないとダメなので足腰を鍛えるだけでなく、下半身部分の関節の柔軟性も重要と考えています。
そこで重要なのが鞍もですが、鐙もすごく大事だと思っています。
昔に比べて今は多種多様の鐙が開発されており驚くばかりです!!
障害は色んな鐙を使っている選手を見ますが、馬場の選手も鐙に変化が出てきています。
興味がある方は、まずは自身で鐙を履いてみて下さい。その違いにビックリすることでしょう!!

小出謙介

私が今気に入って使用している馬具は「ラヴァルシェレザーチャップス」です。
ちょっとハイプライスな商品ですが、ゴムと革の良いところを活かして作られています。柔らかくて強い!そして乗り心地
も抜群なので、値段以上の価値はあると思います。興味がある方はぜひ小出までご相談ください、実物を手に取ってごらんいただけます。

中尾 麻美

・アメリゴの鐙
アルミ製で軽いのにしっかりとした形状なので踏みやすい!しかもステップに穴が開いているので騎乗中に泥が落ちてくれます(笑) 後の手入れがラクで良いです。

・Rubesのグローブ
以前も書きましたがこれめっちゃ好きです!
フィット感が良く指が短い私でもぴったりくる!腹帯も締めやすいですよー。
その分少しお高いですが、グリップ力も通気性も抜群です。馬が躓いた時にも手綱が滑らず何度か助けられました。
グローブをせずに騎乗していた時期もありましたが、手綱が手の中で滑った際に擦りむいてしまった事があり、それ以降グローブは必ずするようにしています(^_^;)

清水綾菜

お気に入りの馬具はショッケミューレのゼッケンです!
私は緑が好きなのですが、ベストな色合いの緑と適度な厚みでフワフワなのがとっても気に入ってます!!

清水弾

おススメの馬具は現在ペガサスの頭絡に使っている手綱です。知らない人は見てもらうと分かりますが、凄くカラフルな手綱になっています。
持つところがカラフルになっているので騎乗しているときに手綱の長さを調整しやすいです。
これさえあれば左右の手綱の長さで困ることはありません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

  • 新春乗馬キャンペーン

    寒い冬こそ馬に乗って暖かくなろう! 馬は暑さに比べて寒さに強い動物なんです…

ページ上部へ戻る