今年一年のスタッフまたは馬の珍事件

三木基司

今年の珍事件は…2月4日㈰に発生しました。とても寒い日でした。とても悲しい日でした。
ダメージから回復するのに1ヵ月かかりました。まだ引きずっています。
珍事件なので、これ以上の説明はできません。

千古七瀬

今年起こったスタッフの珍事件、それは先日行われた「ARAクリスマスパーティー2018」で起こりました。
パーティー開始前、ある程度の準備作業が終わるとスタッフも随時”正装”に着替えます。女性はおおむねパンプスを履くと思うのですが、
私たちスタッフは動き回らないといけないので「それに対応したパンプスかどうか…」が結構重要なポイントになります。
私としてはサイズが合っていることはもちろん、あまりつま先が細くなっていないもので、尚且つアンクルストラップが付いているもの、これがとても重要と考えています。
アンクルストラップがあるだけで、脱げそうになったりしないのでとても快適です。
正装への着替えを終えたスタッフが会場に集まり、あらゆる部分の最終確認をしているところ、期待のルーキー”小林”がどうにもこうにも歩きにくそうにしていました。
足元を見てみるとノーマルパンプスを履いていました。で、歩くたびに脱げそうになっていました。近くにいたアンクルストラップが付いたパンプスをきっちり履いてる宮川ちゃんと一緒に、「こんなストラップついたやつ買わなあかんで~」とかなんとか言いながら、なにか対策をしてやらないと歩くこともできへんやん…と思って頭を回転させた私…。
会場設営の為に持ってきた黒の結束バンドがあることに気付き、それでパンプスと足をくっつけてみてはどうか?と思いつきました。
実際やってみると、かなり快適とのこと。スタッフみんなで大笑いしていましたが、遠目でみると結束バンドとは思えない自然な感じでした。
そんなこんなでお客様バレることなく?足に結束バンドをつけてクリパを乗り切った「小林」なのでした。珍事件です(笑)
 

溝口豊

放牧場での出来事、馴れない馬たちは出口付近で帰りたいアピール。
馴れてくると、あちこちへ行って草を食べたり寝転んだりして楽しんでいます。
今年の放牧の時は、リッキーが馴れていなく鳴き声が、放牧場から馬場まで届いていました。
今では馴れたもので他の馬と走りまわっています。

本宮範子

頑張って思い出そうとしたのですが、
これ!というのが思い出せない…ごめんなさい(T_T)
しょっちゅうある気がするのですが(笑)
最近でいうと、クリスマスパーティーの馬クイズで
自分が明石太郎君になったのはまぁまぁ(珍)なのかも?
前が見えなくって「菊澤さんどこ?どこ?」と騒いでましたが、明石太郎君になって馬に乗るのは楽しかったです!
ます!

岩島清志

明石乗馬協会での滞在時間が少ないので、珍事件は難しいですね。

宮川ゆりか

スタッフの珍事件と言えば、やっぱり溝口さんでしょうか?
先週おこなわれましたXmasPartyの余興メンバー溝口さんですが、毎年のように誰よりも練習回数も練習時間も短いです。
今年についてはほぼ練習なし、最初から一緒に練習したのは前日のみ…。
のはずなのに、当日はちゃっかりやりこなしちゃうのは溝口さんだからでしょうか。
他スタッフはめちゃくちゃ練習して、夜まで汗流して頑張っていたのですがまわりを見ながらもついてこれるのは溝口さんの反射神経の良さですね。
ただただすごい!!!

菊澤大助

珍事件?ありませんねぇ。
テント馬場の工事があっていろいろあって、、、
それこそ山ほどあってもおかしくないのに心当たりがありません。
明石乗馬協会も年を重ねて落ち着いたのでしょう。
と言いながら、カナダツアーで関空にタンカーが激突したため関空に着陸できなかったりなんでもないことでパトカーに停められたり(ほんとに違反でもなんでもないのに!!)
カナダでいろいろあったじゃねーか、と思いながら来年が穏やかな一年でありますように!
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

三木翔一朗

このお題だと溝口さんが大人気ではないか?
と、思います。
溝口さんは毎日のように珍事件を起こしてくれるぐらいの面白い運を持っています。
なので明石のマスコットキャラで癒しを与えてくれていますが、実はポテンシャルが凄いです!
前も縄跳びがあったのでスタッフで2重跳びをしましたが、溝口さんが一番上手!
今年のクリスマスの余興でも溝口さんが一番練習時間がなかったのに、本番では溝口オリジナルを織り交ぜながら最後まで踊っていました。
溝口さんは単に面白いだけでなく、凄いということを皆さんもお忘れなく!!

小出謙介

11月に開催された「全国障がい者馬術大会」では、今年から小林さんが運営スタッフとして加わり活躍してくれました。
小林さんは、参加団体のとりまとめが主な役目でした。
参加団体の中に「ちっちゃいもの倶楽部」という名前の団体がありましたが、小林さんはずっとその団体の名前を「ちゃちゃいも倶楽部」だと思い込んでた事が発覚!
小林さんの天然ぶりが自分にとっては珍事件でした(笑)

小林あすか

溝口さんの縄跳びですね!
二重跳びもすいすいで、華麗に縄跳びをされていたのあれは印象に残っています!!
残念ながら写真がありませんが、凄かったです!
時々、溝口さんの動きがツボに入り見ていると元気になります!笑

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    おすすめ情報

    • 馬ライフに連載

      2018年の11月号から、明石乗馬協会の菊澤インストラクターとココが新連載されま…

    • 2018年12月25日竣工式

      夏の強い日差しを遮り、雨天でも快適に乗馬を楽しむことができる夢の全天候型馬場が今…

    ページ上部へ戻る