2018年第2回夏休み子供1日乗馬教室

5名と少人数での実施だったため、みんな沢山馬に乗ることができました。
回数にしてなんと!7回(一回当たりの騎乗時間は短いんですけれどね)みんなで代わり交代にココちゃんにまたがって、歩かせる・止める・曲げる・はやあし・そして今回はバックも練習。真剣な表情は大人顔負けでしたよ。

午後からは自由研究で今回は2つのテーマに取り組みました。
一つは「馬を引き馬で歩かせるとき、前足から歩き始めるか、後ろ足から歩き始めるか」皆様はどちらからだと思いますか?教科書には後ろ足からと書いてありますよね。追試験(本当かどうか自分で同じ実験をしてみること)で10頭の馬を2回ずつ、20回分のデータを取りました。その結果は!
2つ目のテーマは今年の6月に新聞で発表された「馬は人の表情と声を関連付けて認識している」という内容の追試験です。子供達が自分の、怒った顔と笑った顔のプレートを馬に見せながらしかるように名前を呼んだり、ほめるように呼んだりしたその反応を観察しました。気になる結果は…!

この中から自由研究の賞をもらえる子供が出たらうれしいです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    おすすめ情報

    • 馬ライフに連載

      2018年の11月号から、明石乗馬協会の菊澤インストラクターとココが新連載されま…

    • 秋の乗馬キャンペーン

      私が秋にはじめる理由 来年の春は「外乗」デビュー 私が秋にはじめる理由。…

    ページ上部へ戻る