パズー

パズー明石乗馬協会馬紹介
品種 クォーターホース
生年月日 2011年5月18日
性別 セン馬
スターライトコディ
ヴァーゴ
競走馬名 なし
活躍クラス スタート速歩~オープン
担当スタッフ 三木 薫
パズーが馬運車で運ばれてくる前の日、私はドキドキしていました。なぜなら、初めての新馬担当で、どんな馬なのかもイマイチわかっていなかったからです。そして初めて会ったパズーの第一印象は、くち小さいな(笑)でした。
しかしそこがチャームポイントだと私は思っています。
まだ人が乗るのも慣れていない馬ですが徐々に慣らしていっていつか会員の皆様に乗っていただけるよう頑張っていきますのでよろしくお願いします。
  最近の様子【2021年11月25日更新】
ホースフェスティバル馬場編5鞍、障害編2鞍とコンスタントに出場しました。
得意のすり足でよく働くので装蹄師さん泣かせ!
平均5週間サイクルで打ち替えますが、パズーは特に後肢をほとんど上げずにスタスタ動くので蹄鉄の摩耗が激しく、すぐに薄くなって鉄が真っ二つに割れてしまいます。
普通は蹄が伸びてくると釘が緩んでくるのでコンクリートの通路を歩くとカタカタ音がするの気付きやすく、直ぐに釘を締め直したら急場しのぎはできます。
ところがパズーの鉄は釘が緩むまでに突然割れてずれるので気付きが遅れます。
装蹄師さんは4週間をめどに装蹄し直していましたがもう少し早めます。もちろん協会では最速。みなさんも異変に気付いたらすぐにスタッフに連絡してくださいね。

おすすめ情報

ページ上部へ戻る