Mic-Mac(ミックマック)

micmac
品種 ハノーバー
生年月日 2002年4月28日
性別 セン馬
不詳
不詳
出生地 オーストラリア
活躍クラス 競技馬
担当スタッフ 三木 基司
平成23年6月にオーストラリアから日本にやってきました。5歳の時にヤングホースの試合で140コースを満点で走行したという武勇伝?があります。
オーストラリアの時は「マコロフグランド」という名前でした。もともとなのか、空輸&検疫期間の影響なのか、少し気性が荒いところもありますが、障害に向かうメンタル面はすごく強く、一たび障害に向けると頭をぐっとお越し勇ましく向かっていってくれ、とても頼もしい馬です。
ARA競技馬のラインナップとしてはオランダやベルギーが幅を利かせてますが、
オース代表として(笑)軽めの血を活かし競技成績&競技クラスを伸ばしていき、ヨーロッパ勢の上を狙っていきます(笑)乞うご期待!
  過去の更新記事
  最近の様子【2020年3月23日更新】
ミックマックは兵庫インドアグランプリに出場した後は、スプリング、みっきいとお休みして近畿大会に照準を合わせているところです。
幸い、O?様の体調も戻ってきたところなので、しっかり準備して臨みたいと思っています。
ミックマックの課題は落下です。勇気があり、力もあるのですが…やや繊細さに欠けるのか…ぞんざいな肢の裁きが気になるところです。
そのあたりはバウンス等を取り入れながら改善していく予定です。

おすすめ情報

ページ上部へ戻る