Mic-Mac(ミックマック)

micmac
品種 ハノーバー
生年月日 2002年4月28日
性別 セン馬
不詳
不詳
出生地 オーストラリア
活躍クラス 競技馬
担当スタッフ 三木 基司
平成23年6月にオーストラリアから日本にやってきました。5歳の時にヤングホースの試合で140コースを満点で走行したという武勇伝?があります。
オーストラリアの時は「マコロフグランド」という名前でした。もともとなのか、空輸&検疫期間の影響なのか、少し気性が荒いところもありますが、障害に向かうメンタル面はすごく強く、一たび障害に向けると頭をぐっとお越し勇ましく向かっていってくれ、とても頼もしい馬です。
ARA競技馬のラインナップとしてはオランダやベルギーが幅を利かせてますが、
オース代表として(笑)軽めの血を活かし競技成績&競技クラスを伸ばしていき、ヨーロッパ勢の上を狙っていきます(笑)乞うご期待!
  最近の様子【2023年2月2日更新】
ミックマックは昨日2月1日㈬装蹄をしています。最近のスケジュールは土日がO﨑様のジムナスティックトレーニング(カーブ上のバウンスジャンプ)で㈪㈮はわたしが騎乗し輪乗りジャンプ(1m)です。そして残り火水木が折り返し手綱を併用した調馬索をしています。

輪乗りジャンプをしていて感じるのはミックマックが右回りで練習をしていて障害が高くなった時たまに左手前で着地することです。飛びながら右内方姿勢をとらせ、右手前着地を求めているのにもかかわらず、左で着地されると「えっ!そうなん? …そんなに左で降りたいの?」と思っています。

また調馬策では右手前速歩での頭頸の進展(首を前下方に下げる事)をメインテーマに頑張っています。

 

おすすめ情報

ページ上部へ戻る