明輝(めいき)

品種 サラブレッド
生年月日 2004年4月8日
性別 牝馬
ステイゴールド
アキノニシキ
競走馬名 ゴールドシャイニー
活躍クラス OP
担当スタッフ 三木 薫
2012年3月18日にARAへ入厩。
当日三木ホースランドパークで開催されていた「みっきぃスプリングホースショー」の障害飛越競技に出場していた所、所長&副所長に気に入られその足でARAに即入厩!
全身刺毛、流星鼻梁小白の美人な女の子です。周りの環境(音や物)に影響されることがなく、とても安心して騎乗できます。腹回り、背中共に敏感で反応が良く、宙に浮くようなフワフワとした歩様が特徴です。
入厩当初に比べ、洗蹄所でも大人しくなり手入れもしやすくなりました。2012年7月中旬、能力を見込まれ競技馬へ転向しました。
2013年3月1日~自馬となりまし2020年7月30日更新た。名前も「明輝」→「ジャスティス」へ変更。
2013年12月~自馬外れ、名前も「ジャスティス」→「明輝」へ戻りました。
  最近の様子【2021年4月29日更新】
単純明快、サボる事は無くひたすら前に行こうという意識が強すぎて小股でせかせか走るタイプ。
だからライダーは常に強い拳を使い過ぎて無意識に股間に力が入ってしまい、走れ!のアクセルと待って待って!のブレーキを同時に長く使うので馬を軽いパニック状態にしてしまうのです。
上手く乗るコツはライダーがどっしり構えて慌てない事

①馬の小股なセカセカリズムについていかずに下半身の重心はどっしり下方に落としてバランスを取り、決して馬のお腹に足を巻き付けない、股間でしがみつかない。
②軽速歩はわざとゆっくりお尻を上げてゆっくり下ろして慌てない。
③口が強くてすぐに馬に引っ張られるので上体と目線は馬の耳から距離を取り近づかない。
重心の落としと上体の起こしは一瞬のブレーキの効きを良くするので常に強く握りしめ過ぎず、遠くから慌てずに馬を観察しながら乗って、まず人が力まずふわっとした気持ちで乗ってみましょう。

おすすめ情報

ページ上部へ戻る