クリスタル

品種  オルデンブルガー
生年月日  2012年4月7日
性別  牝馬
De Niro
 Verb.Pr.St.Hauptstutbuch Sylter Royal
出生地 ドイツ
活躍クラス 自馬
担当スタッフ 千古 七瀬
 2019年1月にドイツからやってきました。
ドイツではセントジョージクラスに出おり、インタークラスを練習中のお馬さんです。
障害馬ジントニックのオーナー、柴田様の馬場馬術競技出場の為のスーパーホースです。
この子にしよう!と思った決め手は、まずは体のサイズ感です。大きくもなく小さくもなく、日本人にあったスレンダーな体型です。
そして滑らかな関節・筋肉の使い方からくる、しなやかな反動も決め手でした。また性格もよく、敏感ではありますがHOTではないところも気に入りました。
そして愛らしく美しい顔もすごく気に入っています。
まだまだ若く何とでも染めようがある馬なので、オーナー様に合う馬に時間をかけて仕上げていきたいと思っています。
ドイツでは「ドヌーブ」という名前でしたが、オーナー様が「クリスタル」と命名されました。
「水晶」という美しい宝石から名づけられました。その名のとおり繊細で美しい馬です。
ステーブルネームは「すい」ちゃんです。
  最近の様子【2021年1月7日更新】
千古チームの中で一番運動量が多いすいちゃんです。
若い外馬ですので、すごいパワーですので、そのパワーを柔らかく使わせる為に、しっかり走り込み体の力みをとってから、テクニカルな要求をするようにしています。
以前までは乗ってすぐにテクニカルな要求をしていたのですが、その要求を理解させる為、まぁまぁ苦労していました。
しっかり走り込み力みが取れた後の要求については、すごく理解が早く、パフォーマンスもよく・・・、これまで苦労してたのは、なんだったんだ…と思うぐらいです。
とにかく力みがとれたすいちゃんに乗るのが毎日楽しく、充実しています。
オーナー様もその体験を少しずつですが、してもらえているように思います。

すいちゃんに関わらず、元気で身体を固くして力んでいる馬、その体の力みを跳ねるや走る…という形で表現している馬に、無理に要求しても仕方がないな…と改めて実感しました。馬は自分で運動量もエサの量も選べず、いつもされるがままですので、馬が悪いということは絶対にないです。
それを理解して馬と付き合うことが馬の調教で重要だと思います

おすすめ情報

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る