私の夏バテ対策

三木基司

わたしの夏バテ対策は①寝る時はエアコンをタイマーかけて効かせています。残念ながらタイマーが切れてしばらくすると暑さで目が覚めています。
②たまにですが、気休めに「すきやのウナ丼」を食べます。
③暑い時でもシャワーで済ませず40度のお風呂に入ります。

溝口豊

マキタの空調服を使用して、最近は保冷剤も中に入れ、さらにファンも通常2個ですが、中にもう2個追加しました。
2倍とはいかないまでも1.5倍の効果があるような気がします。

本宮範子

「時間があったら寝る。」
それ以外は、年中やっている健康対策ばかりです。
夏だから特にというのは、「寝る」がすべてです(笑)
やはりエネルギー消耗が激しいようです。
ずっと寝てろと言われたら何日でもいけそうです!

岩島清志

夏が好きになることです。
夏バテは、自律神経が狂うことで温度調整や胃腸の動きを狂わせます。
食べない、寝れないと、負の連鎖です。
夏が好きなら、自律神経が絶好調なので、食べて寝れます。
夏が好きな人は夏バテしません。夏が好きなら多少寝なくても食べなくても意外と平気です。
ちなみに私の部屋にはクーラーがありません。扇風機のみです。(他の部屋にはありますよ)

菊澤大助

まずはこまめな水分補給ですね。
私はもっぱら紅茶 馬にはホースサイダー(受付で絶賛販売中です)次に水シャワー。
汗をかいた後にざっと浴びることで自律神経を刺激し整えます。
時間があるときは私は1日2回。馬には強めのトレーニング後には効果があると思っています。
そして睡眠をしっかりとること。
まあ、これは無理に起きなければ大丈夫かな?と思っています。
馬たちもお昼寝をよく見かけます。
後はミネラルバランスですかね。
塩分を中心に気にかけています。

三木翔一朗

とにかく無理をしない!!
余裕があっても頑張ってやりすぎないで余力を残したままで終わるようにする。
あとは水分補給をこまめにする。
喉が渇く前には飲むようにしています。
飲まないよりも飲み過ぎている方が良いと個人的には思っているのでガブガブ飲んでいます。

小出謙介

私の夏バテ対策は…「睡眠時間」を多く取る。これです!30代まではしっかり食べる事を意識して、夏でもとにかく食べていましたが40代になってからは食べられない事よりも、睡眠不足の方が堪える事に気づいたので、今はとにかくしっかり寝る!少しでも時間があれば寝る!これで乗り切っています。

中尾 麻美

夏バテはしないので対策も特別な事はないのですが、とにかくちゃんと寝る!事です。
毎日22時過ぎには寝るのですが、眠い…と思ったら21時前でも寝ちゃうとか、暑くて途中で目が覚める事のないようにエアコンや扇風機をつけたまま寝るとかその程度です。
ちょっとくらい夏バテして痩せへんかなあと思っていますが、残念ながら今年も今のところ夏バテはしなさそうです。

清水綾菜

夏バテ対策のひとつに、
毎年全く食欲が無くなるので、とりあえずコーンやモナカ系のアイスを食べまくるというのが鉄板です。
コーンやモナカが重要です。アイスは体を冷やしたいから。コーンやモナカは胃に固形物を入れとく為です。胃が弱っちゃうので。

長谷川千紘

夏バテ対策は夏以外にも行っていますがこまめに水分をとることを心がけています!と言いたいところなのですがこまめにはこまめにとっている代わりに、1回に飲む量がとても多いので多分健康的な飲み方ではありません(笑)
冬場でも2リットルの水がすぐになくなる時があります。夏場は2リットルなんて足りません。皆様水分補給はこまめにしましょう!

宮内隆佑

去年までは限界が来るまでパーカーを着て体を暑さに慣らす対策をしていました。
しかし、今年はもうパーカーを着れないほどに暑いです。
よって私の夏バテ対策はありません。
気合と根性で暑い夏を乗り切りましょう。

内藤久美子

対策らしきものは特にしません。ただ、暑さには非常に弱いので、脱水にならないように常に何かしらの水分を持ち歩くようにしています。
夏場は鞄の中が水だらけ。出勤時は異常に鞄が重いです。。

大里あかり

とにかく水分をとる。
最近は暑くて倒れそうなので2Lのペットボトルに水を入れて喉が渇いたらすぐに飲めるように職場に置いてます。ぬるくなると飲んだ気がしないので冷蔵庫or冷凍庫で冷えたものしか飲みません。あとは、ポカリやアクエリアスを飲んで塩分補給をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る