お風呂に入る時にこだわっていること

三木基司

「お風呂に入る時、こだわっている事」は、出来るだけお風呂に入るという事です。
昔は、夏など暑い時はシャワーで済ませていたのですが…夏もお風呂に入った方が良いという事を聞いたので…今は暑い夏も出来るだけお風呂に入るようにしています。
そして暑い夏のお風呂の温度は40度、寒い真冬の温度は42度と1年間で40~42度の間を調整しています。

溝口豊

お風呂に入る時のこだわっている事は、入浴剤です。
特に特定の物はありませんが、その時の気分で使い分けもしています。
新しい商品がでたら、良さそうなら直ぐに買います。
ただ長く入る時もあれば、少しつかったらすぐに上がる事もあります。

本宮範子

とにかくシャンプーやトリートメント、ボディーソープなどがたくさんおいてあって、どれもこれもお気に入りなのですが、
その日の気分で好きなものを使います。
特に匂いが重要です。好きな匂いのもので洗うと癒される!
風呂場に4種類ずつくらいあって、他にも置いています。
なんでそんなにいるの?と言われそうですが、自分の中ではちゃんと使い分けがあったりします。
今は特に汗をかくので、スカルプケアや最近ハマった炭酸系でさっぱり洗ったあと、昔からお気に入りのトリートメントコースです。
昼間がこんなのなので、家に帰った時くらいはいい匂いでいたい!(笑)

岩島清志

こだわりは全くないです。
綺麗にさっぱりすれば良いだけです。

菊澤大助

お風呂には入りません!
と、言うと驚かれますが何の事ないシャワーです。
「これだからアメリカ帰りは…」っと言われそうですが実はアメリカでカウボーイをしていた時はむしろ風呂ばっかり入ってました。
わざわざジャグジー付きのバスタブに付け替えました。
海外に行ったことのある方はご存じでしょうが、通常のアメリカのバスタブはお湯をためても太ももすらつからないほど浅いので小さかった娘を風呂に入れるにはリフォームが必要でした。
バスソープを入れて風呂桶を泡だらけにして入るのが好きでした。
ですからもしも20年前にこのお題を頂ければ答えは「バブルバスにして入浴すること!」となってました。
さて、月日は過ぎて娘は大学へ。
動物の仕事をしていたら入浴は毎日ですがずっとシャワーです。
この時期朝の運動で汗だくになるので更衣室のシャワーを使わせていただいています。
こだわっているのはスピードですね。
会員様にできるだけ迷惑をかけないようサッと済ませるようにしています。
贅沢を言えば従業員専用のシャワールームと洗濯機、乾燥機が欲しいです。

三木翔一朗

特にこだわりはないですね。
汗を流すことが出来ればそれでOK!
お風呂が無ければシャワーだけでもOK!
基本お風呂でゆっくりと時間を過ごすことはなく早くあがりたいので…

小出謙介

私はお風呂に入るときは必ず入浴剤を入れます。今は様々なメーカーから沢山入浴剤が発売されているので、ドラッグストアに寄ると必ず新商品の入浴剤をチェックして、面白そうなのがあると購入して帰り、湯船に入れて香りやお湯の感触を楽しんでいます。

中尾 麻美

お風呂に入る時にこだわっている事は特にありません。
が、土埃やらオガクズやら馬のヨダレやら得体のしれないものにまみれているので、まずは頭からざばーっとお湯をかぶるところから始めています。
注意点は湯船に浸かりすぎないこと!すぐに寝てしまうので大変危険です…。

清水綾菜

家のお風呂では、シャワーのみです。湯船に入りません。お湯をためる時間がめんどくさいからです。
お風呂は好きなので銭湯には行きます。

長谷川千紘

お風呂に入るときに意識していることは、顔は最後に洗う!です。笑
インスタか何かで顔は最後に洗うのが良いと見て、それからは顔は最後に洗うようにしています。それ以外は特にこだわりはありませんが、洗う順番は髪の毛→体→顔です!

宮内隆佑

お風呂に入る時にこだわっていることは
基本皆さん同じだと思いますが
まずは頭から洗います。
それ以外に特に変わったことはありません。

内藤久美子

湯船にお湯をはりません。
シャワーのみでさっさと済ませます。

大里あかり

必ず携帯を持っていくことです。
お湯に長く浸かる派なのですが、長時間何もなしだとしんどいのでYouTubeを見ながら入っています。これが、また最高です。
あとは、絶対に頭→顔→体の順で洗ってます。
これは特にこだわりではないですが、癖ですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

ページ上部へ戻る