子供の頃の強烈な思い出

三木基司

子供の頃の強烈な思い出としては「友達の死」があります。
1966年の夏、わたしは小学5年生でした。友達が電車にはねられて亡くなりました。
夏休みにもかかわらず5年生、全員が呼び出されお葬式に参列しました。
生まれて初めてのお葬式でした。
男前でしたが大柄でジャイアンのようなイメージ。1年から4年までは、そんなに仲良くなかったのですが5年生になり、同じクラスになってから急に仲良くなり、放課後によくいっしょに遊んでいました。
苦手だった運動種目を手取足取りで教えてくれて…本当に良いやつでした。
なので…やっぱり残念でショックで…子供の頃の強烈な記憶です。

千古七瀬

アトピー性皮膚炎を小さい頃から患っていたので、「身体が痒い」「掻いたら後が痛い」という印象外強いです。社会人になり症状はめちゃくちゃマシになりましたが、痒みがでないよう「痒みの原因」となるモノは防ごうといつも気にしています。
汗は拭きとる・汗をかいた服はできるだけ着替える・帰ったら汗を流すは子供頃の皮膚炎の辛さから、今も習慣化しています。ARAでも現場の作業が終わり、定時が過ぎると すぐに着替えています。私服でプラプラ歩いていますが、決してやる気がな
いわけではないです(笑)

溝口豊

子供の頃衝撃的な体験・冬のキャンプでした。
子供の頃始めてのキャンプが、2月か3月耐寒キャンプ 寝袋持参で参加したキャンプ
毎回参加している子は、寝袋を2重にしたりポケットカイロ持参さらに上から毛布をかけ下は銀マットを引いていました。
日中は良かったのですが、夜になるにつれて気温が下がり、テントの上には白くなっていました。 寒くて寒くて眠る事ができず
寝袋の中で寒さに耐えていました。  

本宮範子

その1:幼稚園の時、お昼寝していて目が覚めたら手の上にムカデがのっていて、手がパンパンに腫れた。
その2:小学校2年生くらいの夏休み、セミだと思って手で取ろうとしたら、大きなハチだった。(また手がパンパンに…)
その3:母親が、まるで獲物を獲ってきたネコのごとく、ゴキブリさんを新聞紙でしとめるたびに、毎度毎度私に見せようと追いかけてきたこと…
私の虫ギライは、子供の頃にこんなことが色々あったからなのではないかと思っています。

岩島清志

書いても良さそうな程度の強烈な思い出を書きます。
転向した学校で、帰り道に道に迷い、30分ぐらいで帰れるのが、2時間以上も歩いて帰り、次に日こそ、道を覚えて登校したつもりが、また道に迷い、最後は壁を登ってインチキをしました。何で道に迷ったかが分かった時の衝撃はなかったです。
当時ニュータウンで工事が多く、似たような曲がり角や壁が多かったのが原因です。

宮川ゆりか

う~ん…、なかなかパッと思い浮かばない…。
強烈って言われると悪い記憶しか出てこないのが不思議です(^-^;
昔住んでいた家の裏が山で、よく虫が家に遊びに来ていたのですが、ムカデなんかは日常茶飯事で…。子供の頃昼寝をしていたときに手の指がムズムズするな~と思ったら小指にぐるりと巻き付いていました。
夜も寝ているときに暗闇で襲われたことが何度か…。
正体が見えなくても、刺されるとびりびりっとくるのであ、ムカデにやられた…。と冷静に風呂場に直行。
ムカデの撃退も慣れたものですよ。
乗馬協会で遭遇してもなぜかサイズ感が気になります。
ちなみに乗馬協会のムカデは、まあまあです。

菊澤大助

思い出したくありません。申し訳ないのですが、おそらくみなさんも聞きたくないと思うので、今回はこの辺で…。

三木翔一朗

小さいときに阪神競馬場で迷子になったことをよく覚えています。
三木ホースランドパークが出来る前は、関西の競技会は阪神競馬場で行っていました。
なので、昔はよく家族総出で阪神競馬場へ。
親は競技会で忙しいので、いつも上の姉2人と一緒に少し競技場から離れた大きな公園に出かけました。
1度だけ姉と公園ではぐれて迷子になりました。
泣きながら訳も分からず歩き回って、その内の警備員に保護されて迷子センターへ。
そして走って基司所長にが迎えに来た訳です。めでたしめでたし。

小出謙介

小学生頃、親戚の家で遊んでた時によく来てたおじさんが、後日テレビで「平成」という文字を掲げていたおじさんだという事に気づき衝撃をうけました(笑)

清水綾菜

『ごんぎつね』というお話しをみなさんご存知でしょうか?
小学生の時学芸会をやる事になり、役決めで見事主役のごん役を勝ち取ったわたくし。
主役と言っても何人かいたのですが、火縄銃で撃たれるクライマックスのシーンです。気合が入ります。
本番、小学生ながらに「これは決まった」と自画自賛したワンシーンでした。
後から見たビデオは、黄色の全身タイツに身を包み、ダンボール製の狐の耳と尻尾。
打たれた瞬間「コーン」と鳴くというアドリブを利かして頭から派手に倒れる。
持っていた栗の小道具が散乱し、耳も尻尾も飛んでいき、シリアスな雰囲気の中、横たわった黄色のモジモジ君だけが舞台上でスポットライトを浴びていました。
今思い出しても恥ずかしい衝撃的な映像でした。

清水弾

子供の頃、生き物が大好きでよく探しに行ってました。
トカゲを発見し捕獲しようとした時、物陰から蛇が飛び出しトカゲの頭に齧り付きました。トカゲの抵抗むなしくゆっくり捕食されてしまいただ見ていることしかできませんでした。驚きましたがそれより目の前で蛇の捕食を見れたことが強烈でした。
その後、しっかり蛇を捕獲しこれが弱肉強食なんだと思いました。(蛇は種類を調べたのち逃がしました。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る