2020年1月20日更新

昨年末から皮膚疾患で体の一部に急に湿疹が広がり、はっきり原因がわからない他馬への感染を防ぐためにブラシやタオル、ゼッケンまで専用にして騎乗される会員様にはご不便をおかけしましたが、ご協力のお陰で今は湿疹の後にも毛が生えそろってきました。
馬は暑さには弱いが寒さには強い動物。
冬毛が伸びて手入れが面倒にならないように最近は全馬何枚も馬衣を重ね着させていますが、過去には冬中着せず長く伸びた自毛だけで過ごしていた馬もいました。
真夏は夜も暑さと蚊の攻撃で眠れず、梅雨から始まる湿度と暑さとの戦いで余力もありませんが冬は元気一杯です。
おまけに寒いから早く体を動かしたいのは人間と同じで足踏みやピョンピョンしたくもなる気持ちはよくわかります。
元々持久力に自信の有る明輝ですから、最近は早く動きたくてて我慢できません。
下乗りではホーホー声をかけてライダーからの指示を待つように我慢させるしつけが大変です。
長く馬体を挟みこんでバランスを取るともっと走れの指示と勘違いします。しっかり鎧を確実に踏みバランスをキープしましょう。
拳はしっかり握って待ての合図をして、待ってくれたらその後少し張りを緩めてやるとしだいに落ち着いてきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る