2019年12月16日更新

11月全国大会障がい者馬術大会に出場しました。
イベントに強いパズーは昨年に続いて2回目ですが、やはり新しい環境にはすぐに慣れるので障がい者でも安心して使えました。
馬体が伸びてしまうと肩を張って逃げやすので、ネックストレッチをサイドのつけて微妙な長さ調整は必要でしたがジムカーナも初級の経路走行もたくさん入賞者を出して大変喜ばれました。
ずっとスタンディングマルタンを装着していましたが、鼻革を押さえられる事に抵抗して鼻を運動中に突き出す癖が出てきたので今は使用を控えて様子を見ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

ページ上部へ戻る