2019年9月5日更新 岶

いつもどの馬についてもより良くしようと考えているのですが、ハービーの歩様をもっと良くしようと思い、装蹄師さんにお願いして、通常の蹄鉄ではなく、「ナチュラルバランス」という種類の蹄鉄をつけてもらいました。


外から見ると鉄唇(てっしん)が無いのが特徴です。


いつも装蹄周期の4~5週目になると蹄が伸びて肢に違和感がある仕草をするハービーですが、その伸び方を改善するのと、伸び方で違和感を感じ動き(歩様)が委縮しないようになるのが目的です。
今のところ成功しており、良い動きをしています。次の装蹄もナチュラルバランスを付けてみようと思います。
私の提案をいつも前向きに捉えてくれる中埜装蹄師さん、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る