2019年1月31日更新 明輝

新年早々レッスン中に両膝をついて大きな擦り傷を作りましたが特に大きく腫れあがることもなく順調に回復しました。
傷口に毛が生えそろうには時間がかかりそうです。

餌の時間には厩舎を大きく蹴ってはいますが蹄鉄がずれることはないので、
このまま後肢の鉄は外さずにしっかり踏み込ませてゆっくりバランスを起こしていきます。

細くて高いき甲の馬なので必ず手綱と一緒にかけてある袋のボアを直接き甲に乗せてから通常の馬装をしてください。
忘れると鞍傷ができることがあるのでよろしくお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ情報

  • 乗馬を習う応援キャンペーン

    スポーツの秋、乗馬の秋が来しました。今年の秋こそ乗馬を習ってみたい、乗馬を楽…

  • インスタグラム

    明石乗馬協会では、毎日インスタグラムに写真または動画を掲載しています。 フォロ…

ページ上部へ戻る