ココ

ココ 明石乗馬協会馬紹介
品種 与那国馬
生年月日 2007年
性別 セン馬
イスラ
ミキ
競走馬名  なし
活躍クラス スポ少 ポニークラス
担当スタッフ 菊澤 大助
ココの品種「与那国馬」は沖縄の与那国島の在来種で、平均の体高が110㎝~120㎝と小ぶりです。
ちなみにココは125㎝ありますので、与那国馬の中では大柄ということになります。
ココの父はイスラ、母はミキという与那国馬です。
2007年に与那国馬保存会が運営する「ゆうゆう広場」で生まれました。
1才の時に「与那国馬ふれあい広場」で半年初期馴致されています。
その後2才で鹿児島の上村乗馬苑に移動して2ヶ月くらい調教された後に明石乗馬協会にやってきました。
ちなみに今沖縄の久米島馬広場にいるククル、上野動物園にいるシンは同じ父の子で同じ年生まれです。
古くから人間生活を支えてきてくれた与那国馬のDNAには人間の無理難題をがんばってこなそうとする素晴らしい血が受け継がれていると担当者は感じています。
   過去の更新記事
  最近の様子【2018年1月9日更新】
「ねぇココちゃん…」
「ん?」
「石ケ谷公園から海が見えるんだね…」

「その切り株は?」

「クマのプーさんのイメージ用に持ってきた…」
「ふーん。赤い風船は?」
「忘れた…」

「菊澤さん、仕事しないでいいの?」

「ココちゃん、これ、仕事なんだよ」
「…」
「雑誌、馬ライフ用の撮影」
「でもこの写真は使われなかったんでしょ?」
「後ろにバケツやらなんやら映っちゃってるからね」
「整理整頓、大事だね」
「努力はしているんだけどね」
「机も整頓できてないんでしょ?」
「だれから聞いた?」
「たいへんだねぇ」
「ねえ、誰?」
「日々精進だよ…」

おすすめ情報

ページ上部へ戻る