発酵堆肥「畑の恋人」

taihi

明石乗馬協会では他の乗馬クラブに先駆けて馬糞の有効活用としての堆肥作りを試みてきました。
馬糞を発酵させるために長年研究し、自然界を浄化する働きを持つ有用な微生物EM菌を使うことに行き着き、EM菌を加えることにより、自然発酵に比べ早く発酵し、匂いも少なく土壌改良に優れた堆肥を完成させることに成功しました。

DSCF7294 DSCF7309

EM菌とは?

image01Effective(有用)Microorganisms(微生物群)の略語です。
共存共栄する有用な微生物の集まりという意味です。
EMは自然界から採種し、抽出、培養した微生物です。
EMは特殊な微生物ではなく、自然界に生息分布している微生物の中から、自然界を浄化する働きや物質の生合成を行う働きを持つ有用な微生物を、人間の手によって培養させた複合微生物集団を培養液としたものです。
EMにはこんな力があります。
土が生き生きし、農薬や化学肥料を使わなくても作物が豊かに実るようになります。
抗酸化力が強いので、ものが腐ったり病気になったり するのを防ぎます。
汚染物質を分解する力があるので、 環境問題の解決に役立ちます。
※参考 株式会社EM研究所より

明石乗馬協会の発酵堆肥の特徴

人にやさしい

明石乗馬協会の馬たちの馬糞とオガクズに、乳酸菌や酵母などの発酵食品に含まれる微生物を加えて発酵させているので、小さな子供のいるご家庭や、化学物質に敏感な方でも安心してお使いいただけます。

環境にやさしい

発酵堆肥には科学的なものは加えておらず、発酵を促進させるEM菌は農薬のように雨で流れ出て生物の生命を脅かすこともありません。逆にEM菌を流すと生態系バランスが整い、きれいな水辺の環境がよみがえります

においが少ない

もともと馬糞は牛糞と違い、臭いが少なのですが、さらに発酵させることで嫌な臭いがほとんどなく土に近い臭いになります。

土が柔らかくふかふかになる

毎年馬ふん堆肥を畑に施用することにより土壌改良の効果が期待できます。
土壌が団粒化されることによる通気性・排水性・保水性の向上、そして有機物が入ることで土壌内の有用菌の活動が活発化、土壌の養分の供給能力の向上がはかれます。

畑の恋人

明石乗馬協会の発酵堆肥の名称も「畑の恋人」とし、明石市など近隣地域に広く親しまれるようになりました。
「畑の恋人」は明石乗馬協会オリジナルの堆肥で、堆肥の品質を競う「県堆きゅう肥共励会」で優良賞を受けた優れものです。
毎年、発酵堆肥の無料配布を行っています。
神戸新聞にも掲載されました。

IMGP3328 taihi

毎年行われている発酵堆肥の無料配布会の様子です。
朝から多くの方が訪れてくれます。

DSC04228 DSC04219

発酵堆肥の活用

明石乗馬協会の花壇には、発酵堆肥を使っています。
発育が良く、綺麗な色がになると花壇マイスターの方からもお墨付きを頂いています。

IMGP5995 IMGP5934 DSC04328

近くの住民の方から農家の方まで、発酵堆肥をご使用して頂いています。
土が柔らかくなった。作物が大きく育った。花が綺麗に育った。など嬉しいお言葉を頂いています。

0b7d20b791cb0dff230dc1f3dc94d387_s f40c35cfa053d286cea3a1d4c6a4a7e6_s




ページ上部へ戻る