久米島馬牧場からの研修生

本日、久米島から与那国馬ココの調教を学ぶために浦宗悠華(うらむね ゆうか)さんが明石乗馬協会に研修に来ました。
研修期間は本日より3日間ですが、菊澤インストラクターから与那国馬の調教方法をしっかり学んでいきます。
浦宗さんは現在、久米島にある馬牧場で与那国馬のお仕事をされています。
今回、明石乗馬協会の与那国馬ココのことを知り、縁あって研修する機会がもうけられました。
高知県出身の浦宗さんが、なぜ遠く離れた久米島で与那国馬の仕事につくことになったのか? それは、東京農業大学で畜産を学んでいたとき実習で木曽馬と出会い馬が好きになったそうです。在学中に久米島へ実習に行った際、与那国馬の素晴らしさを知り卒業とともに久米島に移住し現在に至ったとのことです。

研修の最初は引馬です。講師の菊澤さんも熱心に教え、きっちりできるまで引馬を行いました。

明日、与那国馬ココのポニーショーが明石公園で行われます。そのリハーサルのため浦宗さんに、指示の出し方や、調教の考え方などを教えています。

呑み込みが早く、ココを立ち上がらすことに成功。練習すればもっと高く立ち上がってくれるでしょう。

そして次は台の上に乗ることも、見事クリアです。

明日のポニーショーは楽しみですね。
浦宗さん、明石乗馬協会でトレーニング方法を学んで久米島に持ち帰って下さい。

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    おすすめ情報

    ページ上部へ戻る