山吹(やまぶき)

IMGP3799
品種 サラブレット
生年月日 1998年1月25日
性別 セン馬
Lure
Pumice
競走馬名 エーピーリベロ
活躍クラス オープンクラス~アドバンス馬場・競技
担当スタッフ 本宮 範子
2016年1月に明石乗馬協会にやってきました。
18歳で競技経験もあり、大大大ベテラン!!ということで、
やってきた次の日には『あれ?何年も明石乗馬協会に居たっけ?』と思わせるほど落ち着いて運動をしていました。
流星が真っ直ぐで、なかなか男前な顔をしています。
愛称『ぶっきー』です。
  過去の更新記事
  最近の様子【2019年2月13日更新】
<2019年2月>
あいかわらず、いたって穏やかに過ごしています。
以前のクラブでの経験はA3課目くらいまでしかないにもかかわらず、
この馬の馬術的感覚は「パーフェクト」です。
ある意味天才?(天才と○○は紙一重??-笑)
言われたことを言われた通りにこなすので、とにかく手がかかりません。
ただ時々、馬装の時は相手によって少し態度が違うとお客様から報告をうけています。
なので、時々コソっとチェックをいれてみることにしています( ̄ー ̄)
影からこっそり見ていると、なるほど少しだけ偉そうな態度があったので、
「なんですか?その態度は(ー_ー)」と、私がでていくと、
山吹さん:「うわ、ヤバっ(-_-;)」という様子で静止(笑)
「ボクはおりこうさんにしています。」と言いたげです。確かにそんなに悪いことはしていないのです。
「腹帯をそっとしめろ」とかそういうことが言いたいだけということがほとんどです。
そういう場合は馬に不快度を与えないようなやり方で接すると馬が安心して
態度を変えるのではないかと思います。

なので、私自身は山吹にたいして怒ったこともないのに、そんなにビビリます?
怒ったことがなくても、「この人を怒らせたらヤバイ」という空気を読むのが
馬たちのすごいところです。(その読みはたぶん間違ってませんがー笑)

放牧すると「ワシ、ひとりはムリやで…」と寄ってきます。
何かと誤解されやすい行動もあるようですが、とても寂しがりやで甘えたな
一面があります。見かけたらかまってあげてくださいね(^^♪
 

<2019年1月>
新春大会にいってきました♪
山吹は明騾と違って年相応な雰囲気で落ち着いており、馬房でも馬場でもとってもおりこうさんです。
基本寂しがりなので、隣に風雅ちゃんがいると安心なようです。 

…でも、風雅の馬着のにおいをかいで…フンフン…

↓ この顔(ー_ー)!!
おじいさん、おじいさん…。
女子のニオイかいでからの、その顔はマズイからやめとこうよ…って思っちゃいました。

↓ どうやらバナナが好きらしいです(^^♪
 
 

今回は2名の方にL1課目に初トライしていただきました。
2名の選手ともこの馬でL1課目が初めてという事もあり、小さなミスなどがありましたが、
経験を重ねていけば今後の競技会が楽しみ!です。
 
 

<2018年12月>
毛刈りをして1ヶ月。
今や、毛刈りなんてされてませんよ?的にまた毛がのびてしまいました。
暑かったり寒かったりと変な天気だったこともあるかもしれません。
山吹と同じ日に刈ったトラちゃんも、絶好調に伸びてます!(笑)
来月1月は新春大会に参加予定です。↓正面顔と横顔の印象がちょっと違う気がします。
 

<2018年11月>
10月の末に毛刈りをしました!
毛刈りはとってもおとなしいです。
昨年毛刈りをした時よりも、体が少し丸みをおびて、下の皮膚もかなり綺麗になっており、
「刈りやすくなった」と思いました。
でもまた、すくすくと毛がのびてまいりましたので…また11月の終わりくらいになったら
第2弾@毛刈りします!

<2018年10月>
親善大会に行ってきました!
6月の県民大会の後、馬房で何をかしたのか故障がありましたが、
復活して、大活躍してくれました。A3課目(1)第3位(2)第3位  総合成績 第3位
A2課目(1)第4位(2)第2位  総合成績 第3位

 
運動内容については元々何の問題もないですが、今回成長をみせたのは演技の後です。
以前は演技が終わると、A点近くで待機して捕獲しないといけないくらいあわてていたのですが、
今回は写真が撮れるくらい、ゆっくり落ち着いて退場してきてくれる山吹に感動しました。

 
 
副賞のおやつも気に入ったようで、厩舎では変顔を連発して
お客様を楽しませていました(?)
 
 
 
 


<2018年9月>
顔に傷がよくできるので、あきらのマスクを借りてみました。
緑色のマスクだと、どうしても映画MASK(ジムキャリー主演)を
思い出してしまいますが、山吹のキャラとはちょっと違う。

やっぱりマスクマン=といえばあきらさん。
あきらさんなら、こんな顔もなんだかやってくれそうです…↓
<2018年8月>
肢元は順調に回復しており、週末のみ鞍数限定でレッスン復帰しました(^^♪
う~ん(T_T) なかなかいい顔をしてくれません!
今度撮影する時はおやつが必要!?
 
あいかわらず馬房では、見ていない間に怪しい行動の形跡があり、
溝口さんが壁に貼ってくれたゴム板のある部分だけがネジがゆるんで
とんでしまっていたりします・・・一体なにしているのか?
馬房以外では超おとなしく、おりこうさんなだけに謎めいています(^_^;)<2018年7月>
↓ テント馬場工事をながめる山吹バージョンです。
トラちゃん同様、あまり興味がなさそうでした(笑)

何についてもおとなしく冷静な山吹ですが、唯一ナゾめいているのが馬房の中での素行です。
馬房の中でのケガがあまりに多いため、壁にはゴムを貼ってもらい、
肢元は常にケガ防止の肢巻をしたりして、最近ケガが減っていたのですが、
三木に滞在していた時に、何かまた謎の行動をしたようで、肢を痛めて
現在は休養およびリハビリ中です。
おじいさんなので時間をかけてリハビリをして、
できる限りきちんと治してあげたい…と思っています。

<2018年6月>
先週は県民大会に出場しました。
安定した演技で、A2課目で第2位、A3課目で第4位の入賞がありました(^^♪

年齢的には結構おじいさんのはずなのですが、体調良好!のようで
角馬場にはいるととても良いパフォーマンスをしてくれます。
 

とにかく器用でまじめな馬だなと思います。
誰に教えられたということもなく、簡単にハーフパスやピルーエット、踏歩変換まで
できてしまう能力をもっており、乗れば乗るほど感動を与えてくれる馬です。
なんでもできてしまうだけに、レッスンでは難しく感じる方もいるかもしれませんが、
もし、乗る機会があったら、こんな名馬に乗れる機会は滅多にない!
と思って騎乗していだけるといいなと思います。
担当の私自身が、毎日そう思いながら乗っています(^^♪<2018年5月>
昨日から三木へおでかけしています。
先月来た時は、少しテンション高めでウキウキ♪していましたが、
今回は「またココね」というような感じの落ち着きぶりです(^^♪

昨年くらいまでは毛並みがモコモコで、体つきもおじいさんだなーという感じだったのですが、
最近体調が良いのか、違う毛色の馬のようにピカピカしています(^^♪
夏にはあまり強くないので、このまま健康でいてくれるよう
大事に管理していければと思っています。


<2018年4月>
最近、手入れをしていると皮膚の手触りがサラサラしており、
ずいぶん毛艶がよくなったなぁ♪と、手入れをするのが楽しいです(^^♪

昨日から三木に遠足にお出かけしています。
あきらさんと一緒になんだかウキウキしていて
ご機嫌にしています。
後日またホースランドでの写真をアップしますね!

<2018年3月>
先週末はひょうごスプリングホースショーに行ってきました。
今回も、楽しそうにしていました(^^♪
 
 
繊細な乗りこなしが必要ですが、
きちんと乗れば確実に60%を超える演技ができる馬です。
 
帰り急ぐのも、まだ矯正中ですが、少し待ってくれるようになりました。
ひとつ発見したのは、見かけによらず寂しがりやさんだということです。
馬運車に乗せる時は、隣に馬がいるほうが安心して乗ります。
洗い馬でひとりきりになると、ソワソワするので、
トラちゃんにお守りをしてもらったりします…女子の方がハートが強いのかな?(笑)
 

おすすめ情報

ページ上部へ戻る