明山Ⅱ(めいざん・せかんど)

meizan-zenshin
品種 アングロアラブ
生年月日 2003年3月29日
性別 セン馬
ケイエスヨシゼン
ヤマフジヒカリ
競走馬名 ヤマフジホマレ
活躍クラス スタートクラス~障害レッスン
担当スタッフ 千古 七瀬
2010年に競走馬を引退し、明石乗馬協会へやってきました。
ヤマフジホマレという競走馬名で104戦も走った無事是名馬。
初代明山は明石乗馬協会で大活躍だったらしく、その二代目を頂きました。
初代明山同様、頭が良く早い段階でレッスンもできるようになり、すっごく優秀な子です。主に障害レッスンで活躍していましたが、現在は初心者レッスン~障害レッスンと非
常に幅広く活躍しています。
人懐っこい性格で愛想抜群なので、多くの会員様から可愛がられています。
今後も多くの会員様を乗せて、楽しい乗馬ライフを提供していきたいと思っています。
  過去の更新記事
  最近の様子【2018年12月20日更新】
しばらくお休みをいただいておりましたが、獣医さんにも治療をしていただき、完全復活しました。

さて、先月に予告しておいた明山のハミを掲載したいと思います。
多くの馬が金属のハミをつけていると思いますが、この度 明山は特殊なゴムのハミに変更しました。

明山に乗られたことがある方は経験されていると思いますが、
明山はレッスン中やる気(?)が溢れてしまい、ちょっとブレーキが掛かり辛くなる時があると思います。
そういった時に硬い金属が口に食い込むことにより、さらに馬が金属に対して強く出てしまう傾向にあったので、「口に食い込まなかった
強くならないのでは?」を考え、かなりソフトなグニャグニャのハミにしてみました。

試してみた結果、作戦成功でソフトなハミの方が気分も落ち着き、おさまりがよくなりました。
乗られているお客様や、レッスンインストラクターに聞き取りをしましたが、このゴムのハミの方が明山の状態が断然良いとのことでした。

明山のことを思ってやったことが、明山の快適さにつながったのは担当者としてこの上なく嬉しいことです。
ハミ以外にも明山が快適にお仕事できるよう、色々と工夫していきたいと思っています。

明山に乗られている方々、レッスン中、遠くの方から私がじーーーと見ていてもあまり気にしないでくださいね(笑)
明山観察をしているだけですので♪

おすすめ情報

  • 馬ライフに連載

    2018年の11月号から、明石乗馬協会の菊澤インストラクターとココが新連載されま…

  • 2018年12月25日竣工式

    夏の強い日差しを遮り、雨天でも快適に乗馬を楽しむことができる夢の全天候型馬場が今…

ページ上部へ戻る