明輝(めいき)

品種 サラブレッド
生年月日 2004年4月8日
性別 牝馬
ステイゴールド
アキノニシキ
競走馬名 ゴールドシャイニー
活躍クラス OP
担当スタッフ 三木 薫
2012年3月18日にARAへ入厩。
当日三木ホースランドパークで開催されていた「みっきぃスプリングホースショー」の障害飛越競技に出場していた所、所長&副所長に気に入られその足でARAに即入厩!
全身刺毛、流星鼻梁小白の美人な女の子です。周りの環境(音や物)に影響されることがなく、とても安心して騎乗できます。腹回り、背中共に敏感で反応が良く、宙に浮くようなフワフワとした歩様が特徴です。
入厩当初に比べ、洗蹄所でも大人しくなり手入れもしやすくなりました。2012年7月中旬、能力を見込まれ競技馬へ転向しました。
2013年3月1日~自馬となりました。名前も「明輝」→「ジャスティス」へ変更。
2013年12月~自馬外れ、名前も「ジャスティス」→「明輝」へ戻りました。
  過去の更新記事
  最近の様子【2019年7月22日更新】
元々持久力のある馬ですが、コンスタントにお仕事が増えてきての夏なので注意深く観察しています。
鞍傷は羊毛パットさえ忘れずに載せてもらえば予防はバッチリです。
蹄はどの馬も同じですがしっかり乾燥させてください。
力でハミ受けをさせて維持しようとすると、必ず意地になり拒もうと首に力が入ってドンドン強くなります。
ハミを受けたらほんの少しでよいのでご褒美に拳を柔らかくして、逃げようとしたらすぐに握る!
言葉にすると1行ですが、この握りと緩めのタイミングが微妙で難しいです。
責めばかりではなく許しのタイミングが馬術の醍醐味かもしれません。 

【2019年6月24日更新】
久しぶりに兵庫県民馬術大会に出場しました。
障がい者の競技会には時々使っていましたが、一般競技会の馬場馬術は初めてで2課目4鞍でした。
生真面目な性格で、競技会では少し緊張して硬く強くなってしまうタイプなのであやしながら乗る必要があります。
前にドンドン行きたがるので、常歩区間は特にリズムが乱れ易くなります。
でも新しい環境でも勇気があるので安全です。
経験を積んでもう少し我慢を覚えてくれると乗り易くなるでしょう。

 

【2019年5月27日更新】
牝馬の特色である反応の良さと気難しさを持ち合わせているので、自分でドンドン走ってくれる楽な部分と我を通そうとして混乱して体を硬くしてしまう困った部分があります。
一度硬くなると中々リラックスしないので、細かいコントロールを取得中のライダーさんには手強い馬です。
対策として、メリハリのある扶助!即ちこちらの意思を明確に主張する必要があります。
迷いは禁物。
やって欲しい事はコレ!我慢してコレができたらご褒美あげますよ!の気持ちです。

おすすめ情報

ページ上部へ戻る