ジントニック

IMGP3436
品種 ベルギーウォームブラッド
生年月日 2006年6月20日
性別 セン馬
CAROLUSⅡ
SHANGRI-LA
出生地 ベルギー
活躍クラス 自馬・中障害B(130㎝)クラス
担当スタッフ 千古 七瀬
会員 柴田昌子様のプライベートホースです。
初代がチェリーブラウンで、このジントニックが柴田家2代目の馬になります。
元オリンピック選手でベルギーにいらっしゃる小畑隆一さんに選んでいただき、柴田様の乗馬ライフを充実させるべく、2012年の10月に日本にやってきました。
入厩時は6歳の若馬で、ベルギーの方では120㎝前後の競技に使っており、インターナショナルな競技にも出ようとしていたところだったそうで、FEIのパスポートも持っています。
ベルギーでは生まれた厩舎で母馬と共に過ごしていたそうで、一度も売り買いされていない、おぼっちゃんホースです。「大人しく乗り心地の良い馬」ということを第一条件に小畑さんに選んでいただいたのですが、なかなかの飛越能力です。
日本に来て2年目の競技シーズン(H26年度)は全日本パート1に中障害Bクラスで出場し決勝まで駒を進めることができました。
H27年度のシーズンは中障害BからAクラスへのクラスアップにトライしています。
飛越能力(競技走行クラス)の上限はまだ分かりません。
体の柔らかさ・乗り心地の良さは抜群で、私も数々の馬を乗ってきましたが、これほど乗り心地の良い馬は初めて!と言っても過言ではないぐらい乗りやすいです。
性格は繊細なところもありますが、人に対しては温厚で人懐っこい性格&甘えん坊 です。
そして食いしん坊です。食いしん坊というか、欲しいアピールをすると何でも貰えると思って、頑張ってアピールするようです。
競技での好成績も大事ですが、それ以前にオーナーの柴田様に楽しんでいただき喜んでいただけるよう、ありったけの愛情を注ぎ、日々ご機嫌に過ごせるよう、ケアしています。
現在9歳でまだまだこれからの馬です。ジントニックの活躍に乞うご期待!
  過去の更新記事
  最近の様子【2019年3月14日更新】
2月末に三木ホースランドパークで開催された「みっきぃインドアトライアル」に参戦してきました。
残念ながら成績は振るいませんでしたが、収穫はありました。

兼ねてより私の悩みであったことなのですが、ジントニックは緊張しやすいせいか障害の練習&競技による
背中&腰の筋肉痛があり、競技後はいつも獣医さんにお世話になり筋肉痛をとる処置をしていました。
これまでもこのページで紹介していましたが、その筋肉痛を改善すべく、
飼料屋さん「レッドミルズ」さんにご協力いただき体質改善と、
半年ごとにクリニックに来て下さる元オリンピック選手の小畑さんに、その旨伝え
背中&腰を鍛えるフラットワークの仕方なども教わり、コツコツと取り組んで競技に臨みました。

その効果でこの試合中の獣医さんの馬体チェックではまったく筋肉痛は見られず、
獣医さんも「別の馬みたい」と言って下さるぐらい背中と腰が強くなっていました。
日頃のトレーニングの成果が確認できて本当に良かったです。

またレッドミルズさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
次の試合こそ、それを試合結果につなげたいところです。

試合の応援にきてくださっていた会員のT様より沢山素敵な写真をいただきました。
ありがとうございます。

そして、3/9~10には兵庫県の強化指定選手のトレーニングにジントニックと共に参加してきました。
兵庫県のホームグラウンドである三木ホースランドパークのアウトドアアリーナを貸し切り状態でのトレーニングです。

自分の苦手な部分の練習もあり、上手くできないことをコーチの中野さんに時間を割いていただきじっくりご指導いただきました。
実際 競技走行をするスタジアムで、時間を気にせずじっくり乗れるのは本当に練習になります。

4月の第一週目は本宮さん企画の馬場の講習会があります。
インドアスタジアムを1週間貸切っていますので、皆さんぜひご参加下さい。

おすすめ情報

ページ上部へ戻る