嶬峨(ぎが)

品種 サラブレッド
生年月日 2011年3月27日
性別 セン馬
メイショウボーラ
メイショウラピート
競走馬名 メシヨウライウン
活躍クラス ステップからオープンクラス
担当スタッフ 菊澤大助
  コメント
《巨人の意のギリシャ語gigāsからでは無く、競走馬時代を過ごした滋賀県の嶬峨山から》。
国際単位系(SI)で、メートル法の単位で10億を表す語と読みが一緒なので担当者の菊澤が、シンボルマークにしようと目論む。
2013年に京都競馬場で18頭中17番人気でデビュー。翌年からは障害レースをメインに出走。
2016年2月のレースを最後に引退し乗用馬として働き始めました。
一番のセールスポイントはその「甘えんぼぶり」やたら人の手を握りたがる甘えんぼの子供は知っていますが、やたら人を口で挟みたがる馬は初めてです。
最初はかみつかれるのかとぎょっとしましたが噛むわけではありません。
手が使えないので口で握っておきたいみたいです。
セールスポイントの2番目は何と言っても乗り心地の良さです。
実は会有馬の名前の決まりがなければ「ロイス」という名前にしたかったんです。
そう!ロールス・ロイスにあやかって、どんどん乗りやすくなっています。
皆様ご期待ください。
  過去の更新記事
  最近の様子【2018年12月25日更新】
ギガちゃんファンの皆様メリークリスマス。
ネックストレッチ!良いです!!
嶬峨ちゃんの首を引っ張り上げてしまう人に大きなサポートとなっています。
嶬峨ちゃんも楽になったようです。
首が時々ふらふらしてしまうのも治まってきています。
でも一番の好転は後ろ足で止まれるようになってきたこと!
これは担当になった時からの大きな課題でしたが明らかな好転が見える時期は乗っていて楽しいですよね。

おすすめ情報

  • 馬ライフに連載

    2018年の11月号から、明石乗馬協会の菊澤インストラクターとココが新連載されま…

  • 2018年12月25日竣工式

    夏の強い日差しを遮り、雨天でも快適に乗馬を楽しむことができる夢の全天候型馬場が今…

ページ上部へ戻る