私の〇〇自慢

三木基司

わたしが通勤に使用しているのはホンダ リード125ccです。これまで5台ほど乗り換えてきました。
ずーっと黄色で通していたのですが…今回のリードには黄色がラインナップに無かったので…泣く泣く青にしました。
このリードは2人乗りができるし、制限速度も車と同様で…原付のような30Km/hの縛りはありません。
なのに維持費は原付並みに安いし、任意保険も自動車のファミリーバイク特約が使えるのです。
また燃費はリッター50kmをたたきだします。5リットル満タンにすれば250km走ります。
わたしはこのリードにオプションでグリップヒーターとカウリングを装着しています。
やはりバイク、スクーターは冬がつらいので…グリップにヒーターを内蔵しています。
カウリングには、こだわりがあります。…これまで購入したスクーターは全て、バイクも1台はミニカウルを装着していました。
カウリングをつけていると運転が、ものすごく楽なのです。やはり風、空気の抵抗はバカになりません。
わたしのバイク熱は40年前に遡ります。当時から世界のトップバイクメーカーは日本の4社でした。(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ)
性能的にはアメリカ製やヨーロッパ製を凌駕していたのですが…カウリングの技術だけは後塵を拝していました。
当時のバイク雑誌の企画でスーパーバイクのカウリング風洞実験のデータが載っていたのですが…結果は西ドイツ製のBMWバイクがトップでした。
長時間、長距離を高速で走ってもライダーには、ほとんど風の影響がないくらい完璧なものでした。
これには理由があります。ヨーロッパには、あの有名な速度無制限の高速道路、アウトバーンがあります。
アウトバーンで鍛えられたBMWのカウリングは、やっぱりすごいのです…。
カウリングの重要性を知ってしまった私は、バイクやスクーターには、できるだけカウリングをつけるようにしています。
なので、皆様にアドバイス。もしスクーターかバイクを購入される場合は、ぜひカウリングの装着をお勧めします。
乗り心地が全然違いますよ。

千古七瀬

私の更新ブログにも度々登場させていますが、ペットのトカゲを今回は自慢します。
フトアゴヒゲトカゲの「小松(こまつ)」です。フトアゴも色んなカラー(体の色)があるようですが、小松は「スーパーレッド」です。
もともと爬虫類は苦手で小松が家にやってきた時は「なんやコレ…、気持ち悪い…」と思っていました。
カラーについても「スーパーレッド」と説明されましたが、「ただの茶色やん…」と思っていました。
でも毎日エサをやっていると、10㎝ぐらいのヒョロヒョロだった体がすくすくと大きくなり、今はしっぽもいれると30センチ近くありそうで、体つきもガッチリしてきました。またエサ(活きたコオロギ)を欲しそうに「じーーー」とこっちを見てくるし、どんどん可愛くなってきました。
小松のエサや生活用品を買いにペットショップのアミーゴに行くと、子供のフトアゴが展示されていますが、どう見たって小松の方が可愛く見えます。目鼻立ちが小松の方がパッチリしていて、凛々しいです。
小松の部屋(水槽みたいな入れ物)の前で、じーーーと小松を見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。(30分ぐらい見ていても小松はまったく動かないことも多いですが…)
今、欲しいものは小松の散歩用のハーネスです。体の成長が止まれば体に合ったハーネスを買ってあげようと思います。
今は部屋んぽ(部屋の中での散歩)しかしていませんが、ハーネスをつけて外へお散歩にいくのが夢です。
スーパーレッドに合った、かっこいいハーネスを選ぼうと思います。オーダーしてもいいかな♪あ~ 楽しみ♪


 

溝口豊

私は乗馬以外に何かスポーツをしようと8年前からテニスを始めましたが
今でも続いています。 今までは色々なスポーツをしましたがあまり続かなかったのですが・・・
今回は乗馬と共にテニスは続きそうです。

本宮範子

特に自慢できるものはなにもないのですが、なんとか絞り出したのが…
「我が家のグッピー長生き自慢」です(笑)
もうかれこれ7年くらいずっと同じ水槽でグッピーを買っています。
最初に入れたのは、ブルーが綺麗なネオンタキシード2匹。
それだけだと少し寂しいかな?と思い、イエロータキシードを1匹追加。で、合計3匹を優雅に泳がせておりました。
「一般的にグッピーの寿命は数ヶ月~1年程度、長くても2年くらい」
という認識だったのと、特に繁殖希望ではなかったので、「グッピーの次は何をいれようかな~?」などと思いながら月日が流れました。勝手に繁殖しどんどん増えていくグッピー。多い時は50匹くらいまで増えてしまいました。そのグッピーワールドは現在も不滅。最初の3匹は完全に個体の見分けがつきましたが、今では個体識別も、世代識別もまったく不能!ブルーとイエローが混ざっているのは分かりますが、初代の鮮やかな色はどこへやら…?
もう他の魚のことを考えるのもあきらめました。
我が家のグッピーワールドの平均寿命は軽く2年くらいあるように思います。
恐るべしグッピーワールド、どこまで続く?(笑)

岩島清志

私の自慢は、健康で頑丈な体でしょうか。
小中高と皆勤賞ものの出席を誇り、社会人になってからも病気やケガで休んだことは1回だけです。
特に乗馬を仕事にしてから、体調を理由に休んだことは無いんです。
もちろん骨折や入院も無し。腰痛も無し。
乗馬クラブでは、ターミナルとかロボコップと呼ばれていました。
馬でも自転車でもさまざまな(?)があったにも関わらず、骨折していません。
中学でバスケットをしていましたが、突き指や捻挫無しです。
指一本で段ボールも貫ける丈夫さで、20代の時は握力80㎏オーバーでした。
胃袋も丈夫で、この年まで夏バテなし食欲が無くなることがありません。
朝からカツ丼でもオッケー、肉だけなら1kgは食べれます。だから運動しないと太るので、食べるために運動します。
唯一の弱点は首ですね。私の中のアキレスです。
持ち物自慢は、自転車をたくさん持っています。
そんなに高級なものではないのですが、5台あります。それぞれ役割があります。
ロードバイクが、スコットとズノー、マウンテンバイクはズノー、クロスバイクはキャノンデール、折り畳みの小径者車がドッペルです。
特にズノーはクロモリの鉄製で古いヴィンテージです。それを自分でレストアして現在のパーツをいれ、色も塗りなおしているので愛着があります。
今、シクロクロスバイクが欲しいです。

 

宮川ゆりか

自慢?になるかは分かりませんが…。
体の節々が柔らかいです。
肩甲骨が柔らかくで可動範囲?が広いです。
指の第一関節は90度以上曲がります。
これが普通だと思っていたのですが、普通じゃないみたいです(^-^;
指の第一関節が柔らかい人はマッサージが上手いらしいですよ。
自分で言うのもなんですが、マッサージは上手いと思っています。
指が曲がることで、力が入れやすいからだと思います!
子供のころから突き指もしたことありません。
欠点があるとすれば、何かを持つたびに、“ムダに!”指が曲がります。
例えば、串焼きを食べるときに串を持ったときとか(笑)
力をこめるたびに“ムダに!”指が曲がりすぎます。
あまり気にしていませんけどね!

菊澤大助

菊澤に過ぎたるもの2つ。ひとつは美人の奥さん、もう一つはやさしい娘。
私の自慢は家族ですね!

三木翔一朗

太りません!!
自慢になるか微妙ですが太りたいのに太りません・・・
ベルギーにいたころは好きなだけ食べると太ってしまうので食事を制限していたのですが、日本では太ろうと思って食べても肉がつきません。
夜食にカップラーメンを食べたり、野菜からでなく肉などから先に食べたりしているのですが・・・
効果はなくこの夏だいぶ痩せました。
冬に向けて少しづつでも体重を増やせていくように努力します。

小出謙介

私の自慢は4年前の全国障がい者馬術大会で、世界的に有名なパフォーマー「蛯名健一(通称:EBIKEN)」
さんをアトラクションのゲストとして呼べた事です。蛯名さんを最初に知ったのは、動画サイト「YouTube」
でした。全米で放送された「アメリカズゴッドタレント」というオーディション番組で、アジア人で初めて優勝し賞金1億円を獲得したという事で、この人を大会のゲストとして呼べたら観客も増えるに違いない!と思い、出演交渉しました。最初は「30分のステージで150万円です。」と言われそんなん無理だ…と思っていましたが、
辛抱強く交渉を続けた結果、蛯名さんご本人からお電話を頂き「小出さんの熱意に負けました」と出演をしていただけました。写真は出番を終えてすぐに海外へと旅立つ蛯名さんと撮ってもらいました。
一生の宝物になる写真です。

小林あすか

私の○○自慢は、自転車に乗っている人がシルエットでわかることです!
めちゃくちゃしょうもないんですが、距離があっても当てることができます!
漕ぎ方とか特徴で誰が誰かわかるようになりました!
他は、3歳から高校3年生まで日本舞踊を習っていました!
袴を穿いて奥儀をもって踊ったり、他にも色んな衣装を着て色んなジャンルの踊りをしてました。
就職すると同時に時間がなくなって辞めてしまいましたが、今でも踊るのは凄く好きです(^^)
習い事の中で一番長かったので習い事自慢になりますね(*^_^*)

次回のお題は、千古副所長から「帰宅して最初にすること」です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    おすすめ情報

    • 秋の乗馬キャンペーン

      私が秋にはじめる理由 来年の春は「外乗」デビュー 私が秋にはじめる理由。…

    • 馬ライフに連載

      2018年の11月号から、明石乗馬協会の菊澤インストラクターとココが新連載されま…

    ページ上部へ戻る