平昌オリンピックの感想

三木基司

長野オリンピックを超えるメダル数を獲得した日本人選手団にまず感動をありがとうと言いたいです。
でも過去のオリンピックと比べ種目数が1.5倍にも増えていて…それはメダル数も増えるだろうと言う声も聞きます。
でも2006年トリノオリンピックでは荒川静香の金メダルひとつだけですから…やっぱりたいへんなのです。
正直、今回は面白かったし感動しました。オリンピックが始まる前からわたしの注目は羽生結弦選手と小平奈緒選手でした。
2人が金メダルを取ってくれるかどうかが全てと言っても過言ではありませんでした。
羽生さんはソチで金を取った時19歳なので彼自身も日本中の我々ファンも2連覇が視野にありました。それが直前のアクシデント。
平昌オリンピックまでの彼のストイックな対応、準備には心を打たれた方も多かったと思います。
一部メディアでは彼が金メダルを取れる自信がなければ平昌オリンピックの舞台には立っていないというコメントも見ました。
「へえ、そうなんだ。」と、その時は素朴に感じましたが、彼が帰国した時のインタビューで「3連覇は全然考えていませんが…出たら勝ちます。」と言ったのを聞い
て、あの時の報道は彼の心の核心をつかんでいたんだと思いました。
また「出たら勝ちます。」とさらりと言ってのけるところがストイックな彼だけに滅茶苦茶かっこよかったです。
小平さんは2010年バンクーバーオリンピック12位、2014年ソチオリンピック5位とメダルには届きませんでした。
韓国、李相花(イ・サンファ)は小平さんの3歳下(学年では2年下)ですがバンクーバー、ソチと500mスピードスケートで金メダル2連覇を達成するスーパースターです。
この最強のライバルに対し彼女も精進しソチオリンピック(2月)の9か月後のワールドカップ(11月)で初めてチャンピオンになります。平昌オリンピック直前の成績、そして予想では金メダル確実と言われるようになります。そして日本選手団の主将、おまけに旗手にもなりプレッシャーはもう最高でした。わたしは個人的には非常にきついプレッシャーだなと思いました。
過去ずーっとイ・サンファの後塵を拝してきた彼女が急に期待されているわけです。
そんな彼女がスタート号砲を他の選手達より1秒近く引っ張られたことで体が少し動きましたが、そんなハンデもものともせずオリンピックレコードでゴールした時は清水宏保を彷彿とさせる感動劇場でした。
なおかつすごいのは、自分が終わった後にリ・サンファが集中できるように観客にうながすシーンは、これもすごかったです。
いやあ、今回のオリンピックよかったです。

千古七瀬

羽生選手の金メダル、良かったです!たまたまフリーの日はオフの日だったので、テレビでライブ映像を見て応援していました。
金メダル獲得後も羽生選手がテレビで映ることが良くありましたが、その中でもエキシビジョンの練習を楽しそうにしている様子とか、話題のカーリングを真似て(?)をオフタイムに他の選手とカーリングみたいなことをして遊んでいるシーンが流れていました。
そういったシーンが可愛く思えました(笑) 凄い選手のオフショットみたいなのが、見ていて楽しかったです。

溝口豊

中々金メダルが出ないなか、カーリング女子が連続勝利で、もしかして金メダルに近づいたかに見えましたが
途中で、負けが続き4位に最後にイギリスに勝って銅メダル良かったです。
独特の言葉と、ハーフタイムはモグモグタイムとテレビ放送され一番長い時間テレビを観ていたのではないかと思います。

本宮範子

注目していたハーフパイプは、競技そのものもスリリングで見ているのがおもしろく、平野さんもかっこよかったです。
フィギュアスケート男子は羽生さんがスターすぎる!と思うのに対して、宇野さんが天然なのに演技がすごいというギャップがおもしろかったです。
女子フィギュアは、ザギトワの演技と綺麗さに魅入ってしまいました。
美しすぎる~♪惚れてしまう~♪と思いました。15歳には見えないです!
カーリングとか、スピードスケートとかも盛り上がっていたので、あまり興味のなかった競技にも興味がわきました。
日本人の頑張りが素晴らしく、誇らしくもあり、かなり見ごたえのある冬季オリンピックだったと思います(^^♪

岩島清志

今回の冬季オリンピックは、政治的な問題やロシアのドーピング問題など色々ありましたが、ロシアの選手が個人出場できて良かったと思います。
オリンピックは個人やチームの素晴らしいパフォーマンスを見るのは好きなのですが、政治の介入やマスコミのあおり方は嫌気をさしてしまいます。
メダルも大事だと思いますが、本来オリンピックの目的とは何かと考えたいものです。
マスコミのメダルメダルという記事や報道には、違和感を感じ、メダル基準の考え方を押し付けられているような気がしてなりません。
日本のメダルの数は関係ないと思いませんか?
スポーツ好きの私としては、国やメダルに関係なく好きな選手を応援できる雰囲気が欲しいですね。

宮川ゆりか

オリンピック競技の感想になるかわかりませんが…、
フィギアスケートのエキシビションを見て、宇野昌磨選手の演技にとても感動しました。
「See you again」の音楽に合わせて演技する姿はまさに圧巻!
表現豊かでとても見入ってしまいました。
競技本番は、失敗からスタートしましたが冷静で落ち着いた演技で銀メダルを獲得出来たのも素晴らしいです!

菊澤大助

テレビ壊れました。ココちゃんのポニーショーに没頭しました。というわけで、感想が述べられるほどオリンピックを見ていません。
でも金メダル13個はすごいですよね!

三木翔一朗

色んな種目があることに驚きました。
前回よりもメダルの獲得数も増えた影響でメディアに出ることが増えたおかげで種目の説明もしてくれるので知ることができました。
それだけ日本のレベルも上がっていることに驚きですね。
あとは冬の方が雪や氷を使うのでその時の気候や順番に影響されるな・・・とも思いました。
何でも自然を相手に行うスポーツは先が読めない時があるので大変装です。

小出謙介

平昌オリンピックではスキージャンプの「葛西紀明選手」を応援していましたが、残念ながら個人、団体とも奮わず…しかし!
「2022年の冬季オリンピックも絶対出る!」と明言されており、引退はなさそうで安心しました。
また4年後…とても長い時間だし、自分の体力や年齢とも相談しながら競技生活を続けることはとても大変だと思いますが、2022年冬季オリンピック目指して頑張ってほしいと思います!

小林あすか

日本はメダル獲得数が過去最多の13個!!
天候が悪い等の自分にとって悪い条件でも力を発揮できることは凄いことだなと思いました。
そんな演技をリアルタイムで観たかったです...
特に羽生選手結弦選手の演技が観たかったですね。残念(-_-;)
次は絶対観ようと思います^^

 


次回のお題は、千古さんからで「2018年スタートダッシュを決めているなと思うスタッフまたは馬」です。お楽しみに!

過去のインストラクターに聞きましたはコチラからご覧下さい。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    おすすめ情報

    • 2018明石馬祭り

      “明石馬祭りを開催!” テント馬場の完成を記念しイベントを開催します。…

    • 馬ライフに連載

      2018年の11月号から、明石乗馬協会の菊澤インストラクターとココが新連載されま…

    ページ上部へ戻る